エコウィンハイブリッド

世界初!
エアコンとエコウインを融合した新たなハイブリッド型輔射冷暖房システム

従来の約1/5の消費電力で 快適な冷暖房効果をもたらします

従来の約1/5の消費電力で
快適な冷暖房効果をもたらします

ハイブリツドシステムによる高効率な熱交換により、
一般的な電気式輔射パネルと比較して ラン二ングコストを大幅に削減できます。

【冷房】輻射で身体の熱を逃し爽快さが増します|【暖房】熱意堂の原理が働き足元までぽかぽかに!

お問い合せはこちら

ecowinHYBRIDの特徴

快適性

  • 体の熱を外に逃がし、熱中症対策に最適
  • 夏はひんやりとして、蔵の中にいるような快適さ
  • 冬は足元から温まり、陽だまりの中にいるような快適さ
  • 高齢者の方に優しい冷暖房システム
  • 風切音を極力軽減し、不快感を感じさせない
  • 室内の健康快適性を向上させ体に良い

機能性

  • 対流式+遠赤外線による熱移動の原理をW応用
  • 対流式+輌射式で立ち上りが早く、自動(快適・室温)コントロールを実現!
  • 空間の温度ムラを抑制し、床・壁・天井・人体に輌射熱交換作用
  • 熱源工アコンは微風運転を推奨としており、ウイルスや細菌の拡散を軽減、 さらにファンの駆動が少なくなることで熱源エアコンの寿命も延びる
  • 熱源エアコンのプラズマ空気清浄機能で0.1〜2.5山mの粒子を 90分で70%除去(PM2.5、花粉症、カビなどの対策)

省工ネ性

  • 消費エネルギー約79%削減※2
  • 省エネ性最大34%ダウン(高性能エアコン単体運転比)※1
  • 空調エネルギーを大幅に削減し、CO2排出抑制を実現

高性能エアコンとの比較

ecowinHYBRID 高性能エアコン
体感に作用する輻射効果を利用し快適性の向上と冷凍サイクルの効率アップ(凝縮・蒸発の効率化)で熱源となる、エアコンの機種選定をカタログ値の半分程度の能力で機種選定が可能。 イニシャルコスト 一般空調負荷計算にあった能力選定(カタログ値)で能力を選定し、機種を選定する。省エネ性と快適性を高めるためには高機能エアコンが必要。
熱源に高性能エアコンを熱源に採用し、体感に有効に作用する輻射効果と冷凍サイクルの効率を向上させる効果で同じ体感を得るため、エネルギー消費を飛躍的に抑えられ省エネ。(当社比定常36%最大50%の省エネ) ランニングコスト 高性能エアコンとして、ヒートポンプ技術の向上、ロボットセンシング技術の導入等により飛躍的な省エネ性が確立されている。強制対流の特徴である、冷風・温風の上下水平方向の温度ムラにより、無駄なエネルギー消費が課題。
熱源となるエアコンの推奨運転は微風運転であり、故障しやすいファンの稼働を抑える事で、室内機の寿命を延ばす事が出来る。輻射パネルにより冷凍サイクルが向上し、凝縮・蒸発を向上させ、コンプレッサーの負荷を抑制し、液バックを防止し、室外機の寿命を延ばす事が出来る。 寿命 エアコン平均寿命12年
輻射冷暖房システムの快適性(無風・無音・温度ムラの解消)とエアコンの快適性(立上りが早く冷房の爽快感)が得られる。定常状態では微風運転で冷暖房が可能であり、利用者の利便性、健康快適性の双方の優位性が得られる。 快適性 強制対流のみの冷暖房であり、風切り音のノイズとドラフト感が快適性を損なう要因となっている。快適性向上と、省エネ性の両立の為の様々な取り組みが行われている。
輻射冷暖房の快適性が得られる。床・壁・天井・人体に直接的な輻射熱移動の作用効果で温度ムラが少なく、デフロスト運転の影響が少